2016年11月



どうも、土田です。
昨日の晩御飯は大量に余っていた白菜をトマトで美味しくお洒落に煮て食べました。
料理できちゃう系男子です。




さて、新米マネージャー土田も1か月半がたちこれは外せないってのが分かってきました。


オーナーから言われて説明を受けた事でも、ぶっちゃけ自分で経験してみてないとわかんないってのを感じました。



1、スピード感
とにかく、すぐ連絡・すぐ行動。
時間がたてばたつだけ、気まずくなる事が多い。



2、足使ってます感
もちろん、足使ってます。
でも、自分の為に誰かが頑張ってるのがわかると誰だって嬉しいじゃん!って事。



ぐらいですね・・・。

1か月半やって自分で感じた気付きです。
少ないようで、多いのかなと思っています…
もちろん通常業務も0から覚えなきゃだし(言い訳)…




あ、あと、正座はできたほうがいいですね。
何回か足の感覚がゼロになりました。

今後も正座、伸ばしていきます。




どうも、土田です。
今日の逃げ恥は22:20~らしいですね。
23時には寝たいところですが、頑張って見ます。いや、見たいから見ます。




さて、昨日清水おとしよりセンターで開催された
認知症サポーター養成講座に参加してきました。


こころ板橋は全員認知症サポーターの講習を受けているとの事でオーナーから参加を命じられたのです。



散々書いていますが、前職は飲食店だったので



そもそも

認知症サポーター  ってなに??

状態で参加したのですが、、、


国が推進している事業だそうです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000089508.html
↑詳しくは厚生労働省のHPを見て頂ければと思います。



会場に向かっている時の土田は「勉強会かぁ・・・」って感じでした※ごめんなさい



でも参加してみると

認知症に対しての自分の理解度の低さと、訪問マッサージのマネージャーとして勉強すべきところが満載でした。


清水おとしより相談センターの方が用意してくださった資料と、国のテキストを見ながらわかりやすく説明してくださり、

何も知らない、フラットな土田にはわかりやすく有意義な時間でいた。



そもそもこの業界にくるまで、存在すら知らなかった
認知症サポーター

もっと言えば、この業界にくるまで
認知症というものを考えたことすらなかった


少しずつですが、体感しながら学びを増やしていっています。

本日は、新人マネージャー土田の学びでした。


どうも、土田です。
週末はずっと寝てました。


このオーナーブログは完全に土田が乗っ取りましたね。
ぐひひ・・・





今日も特にコレ!っていう内容はないんですが、やはり採用ですかね・・・



週末、ゴロゴロしながらYouTube見てるときにふと思った事があるんですけど



同級生に鍼灸師っているのかな・・・?って



facebookやらTwitterやら※土田の数少ないフレンドを
見てみたんですけどいないんですよね。


でも先週金曜日に参加した会議では人数は増えてるって話でした。
もちろん、土田のfacebook&Twitter調べ なので情報として正しいかは別として

なかなか難しさを感じますね。。。





土田も実は国家資格もってるんです。


『美容師免許』

はさみ
※毎度の事ですが、ネットから拾ってきました。土田のではありません。



土田は美容師免許をまったく使ってないし、使ったことない(両親には死ぬほど謝りました)

こういう土田みたいな人もいるのかな・・・




こんにちわ、土田です。
昨日もおとといのおでんを食べました。より味が染みて美味でした。
おでん
※昨日同様、これはネットから拾ってきました。


さて、タイトルにもありますが現在土田は採用活動を進めております。
(面接等は僕ではないですが)

居酒屋の時とは違い、採用対象が有資格者の方たちなので
難しさを感じています。
使用媒体とか、その効果とか…

このブログも判断材料になるのでしょうか。
そう思うと、不安です・・・


逆に資格を持って治療院を探している方たちは何が知りたいんですかね?
採用媒体に載っている事だけで十分でしょうか?



うーーーーーーん




土田が今ここに書けるのは









12月9日に忘年会やります。
楽しみです。


P.S.
こころ板橋は、お酒飲める人と飲めない人半々です。
土田はがぶがぶ飲みます。
がぶがぶ




こんにちわ、土田です。
昨日は家でおでんを作って食べました。美味でした。
おでん
※この写真はネットから拾ってきました。



さて、54年ぶりの11月の雪。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6221903
↑大雪のニュース

治療院から外を見ると、すさまじいサイズの雪が降っています。


勤労感謝の日である昨日はそんな気配なかったんですけどね…


こころ板橋は、祝日でも雪の日でも訪問しております!
自転車ネタばかりですが、

祝日も雪の日も、雨の日も・・・・自転車です!


今日みたいな大雪の日や大雨などの日によくあるのが

利用者さんからの

「今日天気悪いからお休みでもいいわよ~」

のご連絡。


もちろん、こちらとしては訪問する予定で動いているので、大丈夫ですよ!とお伝えするんですが


こういう電話をもらうと、

『人』と『人』で仕事してるんだなって改めて実感します。

まだ1か月ちょっとですが温かみのある仕事だなと強くおもいます。

14時には雪が止むみたいです。(iPhone天気予報)
積もらなそうですが…どうでしょう…



どうも、土田です。
ドラマ【逃げ恥】にハマってます。

最近めっきり寒くなって…
明日は雪が降るかもとか言ってます、11月に雪はちょっと…



さて最近、どこでも人手不足だ!なんて話聞きますよね。

以前オーナーが書いていましたが、鍼灸師マッサージ師さんも例外ではありません。
もちろん、前職の居酒屋もハイパー人手不足でした。


居酒屋さん時代、社員は僕だけでしたので他の従業員すべてがアルバイトさんでした。

入れ替わりの時期に採用がうまくいかなかったシーズンがありまして…
何をやるにも「人がいないから」
呪文のように「人がいないから」
言い訳まみれ「人がいないから」

当然売上は上がらず困ったもんでした。


悪循環はこうです

人手不足

目の前のやる事だけしかできなくなる
思考停止

やるべきことができない

CS、マネジメント力の低下

売上の低下

改善活動

人手不足で作業ができない


まぁこんな感じですかね
誰だって想像できるイケてない店って感じですよね。

当然ここから脱出して楽しい店長ライフを送っていたわけですが…


どうやって脱出したか!

ズバリ・・・

【チームワーク】

です!!

ん?って感じですよね。
当たり前の事ですからね。
でも、実は当たり前の事って難しいんですよ、頭でわかってるからこそ後回しにしちゃう

人手不足からの脱出もそうですが、何事も1人じゃできないからこそ一緒に働く人にピントを合わせるわけです。


チームワーク重視でマネージャー日々頑張ってます。
まだまだ教わる側なので偉そうな事言えないんですけど

施術者さん達のサポートガンガンしていきます!
そんなマネージャーでありたい!!!


どうも、新米マネージャーの土田です。

毎日更新するとか言って、昨日書きませんでした。
そういうところが、まだまだ若造です…精進します。


さて、訪問マッサージですが
毎週同じ利用者さんの元に向かいます。

もちろん、体調不良や通院でキャンセルの方もいらっしゃいますが
基本は、同じ施術者が同じ利用者さんの元へ決まった日に行きます。



よくよく考えると
これって結構特殊ですよね。


たとえば、町の飲食店。
もちろん常連さん的なよく来る人はいる。
でも、大多数のそうじゃないお客様で成り立ってますよね。

たとえば、町のマッサージ屋さん。
これも飲食店と同じで、常連さんも大事だがそうでない大多数で成り立ってますよね。

それこそ、接骨院や鍼灸治療院だって当日フラッと来る利用者さんも沢山いると思います。


逆に訪問マッサージって、当日フラッなんて絶対ありません。
無料お試し→必要書類整備→スケジュール調整→訪問開始
ここまでで、早くても1週間はかかります。
(オーナーは最速2日で訪問開始を経験した事あるそうです)


ここで、考えたいのは・・・

利用者さんの満足度って凄く大事なんです。

「おい土田!なに当たり前の事言ってんだ!」


確かに、当たり前の事です。

ですが、
満足度が低ければ継続終了。
利用者さんは別のマッサージを探すでしょう。

・・・継続終了って事は1人顧客を失ったという事です。

訪問マッサージにはフラッとくる利用者さんはいません、、、


以前、オーナーも書いてましたが

利用者さんと向き合える
それぞれの利用者さんへのアプローチを考えられる

これが訪問マッサージの良い所であり、難しい所かなと思います。


この業界にきて1か月の若造が何言ってんだ!と思われるかもしれませんが
1つ言いたい!


利用者さん満足度の高い治療院を作ります!


今いる施術者さんみんなリピート率が高いってオーナーが言ってました。
新しく入社してくる施術者さんも利用者さん満足度を考えながら一緒に働きたいなと思います。


こころ板橋鍼灸治療院の新米マネージャーの土田です。

本日も私が書いております。


土田はこの訪問マッサージ業界初めてでオーナーや施術者さんから日々指導を受けているわけですが、

オーナーにどこの治療院も施術者さんの事、
【先生】って呼んでるみたいだよ

と聞いたことがあります。

こころ板橋はあだ名で呼んでます。

もはや、土田はそれが当たり前だったので
先生って呼んでる話を聞いた時ビックリしちゃいました。


あだ名で呼びあう関係ってどうでしょう。
なんか距離感近いですよね。

一緒に働く仲間ですから、距離感が近いのはいいことかなと思います。

まだまだ分からない事も多いですが、治療院の仲間はもちろん
利用者さんとも距離感の近い良い関係を築けるマネージャーになりたいです。


今日はこれから無料体験に向かいます。
最初が肝心。
しっかり向き合ってしっかり伝えてきます!





こんばんわ、土田です。


明日はオーナーが書きます。
なんて書きましたが、忙しそうなので今日も土田が。


よく言われる言葉ランキングTOP5に入るこの言葉。

『自転車で大変ねぇ』


これ本当によく言われます。


正直に言います。

大変です…


オーナーも以前書いてましたが、すごく大変。

土田は無料体験や挨拶周り、報告書提出など限られた時にしか乗りませんが
施術者のみなさんは、それを毎日ですから尚更大変です。



今日、土田は高島平の方まで自転車で行ってきました。
板橋横断です。

継続のご依頼を頂いたので委任状をもらいにご夫婦のもとへ。
委任状を頂き、そのまま病院へ。


病院に向かう自転車のスピードがいつもよりも早かったのは

ご夫婦からの
『自転車で大変ねぇ』

が、あったからです。


暖かい言葉がうれしかった~!
ノーマル自転車(施術者さん達は電動)で汗かきながら漕いだ土田にはすごく沁みました。


今日は心暖まったお話でした。




どうも、近頃の若者25歳の土田です。

このブログ、平日毎日更新を目標に掲げて更新中です。


前回の記事に書いた通り、前職はチェーン居酒屋の店長をやっていました。


その居酒屋の従業員はほとんどが23歳以下でした。
(もちろん年上もいましたが)
平均にすれば20歳前後だったと思います。

そんなお店も地域No1を目指しチェーン内での賞レースでバンバン1位取っちゃうチームでした。


近頃、、、というか土田が中学くらいからでしょうか。
テレビなどで

【近頃の若者は…】
否定的な意味でよく耳にします。

いやいやいや・・・!待て待て!
近頃の若者だからなんじゃ!


【これだから近頃の若者】って言われたくなくて

やることやる

を意識しながら働てました。
さきほども書きましたが、若いスタッフの多いチームだったので、だからこそみんなには
【やることやる】は徹底的に言ってました。


訪問マッサージのマネージャーをはじめて
1か月だし、業界の雰囲気なんてわかりません。

そりゃ、近頃の若者だから、しゃべり方とかチャラチャラしてます。
ですが、近頃の若者だから、まじめに仕事してます。


一番大事なのは、取り組む姿勢・頑張る気持ちだと思います!

最後は気持ち!これ土田の座右の銘です。


全然訪問マッサージ関係無くなっちゃいました。
明日はオーナーに書いてもらいましょう、そうしましょう。


初めまして、10月に治療院にマネージャーとして仲間入りしました、土田です。
このブログはオーナーブログですが、書いてみろ!との事なので書いてみます。
緊張しています。(笑)


まずは…

簡単な自己紹介を
1991年12月11日生まれ、もうそろそろ25歳。

前職は、チェーン居酒屋で3年半店長をしていました。
人と接する事が好きで始めたバイトでまさか店長になるとは…
アルバイトのみんなと楽しい職場、地域No1居酒屋を目指して頑張ってました!


高校卒業後、美容系の専門学校へ。
そして、美容師にはならず店長へ(笑)

そして今治療院の新米マネージャーとして日々テンパりながら奮闘しています。



さて今回は、初めて1か月の新米マネージャーが感じた学びを書こうかなと思います。

ご依頼をいただくとまず、無料体験とご説明に向かいます。
施術者が施術をし、その後必要なものや費用、時間、いろいろご説明します。

そして、継続のご依頼を頂き本格的に訪問開始!となるわけですが…


無料体験に行き、ご継続の依頼を頂き動き始めていた時に
電話でそのご依頼を頂いた方と話す機会がありました。

その時に、

「あなたは言えと言われたことをただ言っているだけ」
「あなたは健康な人と仕事をしているわけじゃない」

とお叱りを受けてしまいました。

その時にハッとしました。

上っ面だけしかお話できていなかった事
そして、相手の立場に立って考える事

どちらも、居酒屋店長時代にはできていた事が
緊張もあって抜けてしまっていました。。。

その後、ご依頼いただいた方のためにできる事はないか考え
病院に足を運んだり、進捗報告をこまめにいれて
その方には許していただき、晴れて訪問開始になりました。


仕事が変わったり、職場が変わったりすると
今まで出来ていた事や、得意としていた事がスーーッと飛んで行ってしまいがちです。

そんな時に、僕を叱ってくれた利用者さんにあえて本当に良かったな と思います。

【全てはお客様の笑顔の為に】

居酒屋時代に学んだ事をマネージャーとして活かしていければと思っています!

【全ては利用者様、周りの皆様の笑顔の為に】

何事にも全力で、フルパワーでやっていきます!!



こころ板橋鍼灸治療院、オーナーの宮下です。

施術師、いや国家資格者の人たちって転職率高いなーって思います。

当院でも退職していく施術師の人はいるんですけど、理由をきくと...

「もう何年も同じことしかしてないから...。」

と言われることがあります。

悪い理由ということは全くないと思います。
仕事に飽きて違うことがやりたくなったら、やった方がいい。

ただ、一方でそんなに浅い仕事なのかな?って思うことがあります。

思考を停止してしまったら、飽きない仕事はないんじゃないかなぁ...。
どんな複雑そうに見える仕事でもいずれは慣れる。
逆にどんな単純そうな仕事でも思考をめぐらすこともできる。


型とおりにやるのでなく、一人一人個別に考えて、仮説をたてて、実践して、試行錯誤を繰り返す。
どうやったらもっとよくなるかを考える。

絶対にその方が面白いし、周りもハッピーです。
マシーンになってしまったら、本当に近い将来AI・ロボットに取って代わられると思います。

よく言われることですが、仕事って与えられるものでなくて、自分で作っていくものだと私は思います。

その前提として、この仕事が好き、が必須条件。

そういう人と一緒に働きたいなって思います。



こんにちは、こころ板橋鍼灸治療院オーナーの宮下です。

最近はすっかり寒くなってきましたが、海温はまだまだ温かいんですよ。
晴れていればがっつり日焼けもするぐらい。

僕は30歳を過ぎてから趣味でサーフィンを始めたんですが、サーフィンって難しいですね。
なかなか上手くなりません。

それでもどうにかこうにか波の上に立ち、ライディングを楽しめるようにはなってきたんですが、サーフィンがうまくなるコツって力をどれだけ抜けるかにかかっているなと感じます。

パドリングでこぐ力をアクセルとすると、
力んでしまうことはブレーキの作用をします。

力まかせにパドリングしているとさっぱり進みません。
むしろ脱力することに集中すると、けっこうな速さで進んでいくのです。

また、力んでいると立ってもすぐにコケます。
しかし、力が抜けていると安定して波の上に立つことでできるのです。

私は、始めた頃は思いっきりアクセルを踏んで、思いっきりブレーキをかけていました(笑)

何度もやってるうちに固さがとれてきて、脱力できるようになると面白くて仕方なくなりました。


これって仕事でも共通点あると思いませんか?


力んでいるとうまくいかないことって多い気がします。

力まず自然体。
集中力を高めて体の力を抜くと、なんだか心までリラックスできて、いろんなことがうまくいくなぁって。

最近はこのコトをすっごい意識するようになりました。
今、自分は力んでいないか?
筋肉に話しかけるようにしょっちゅう確認します。

いつも自然体で仕事も楽しめるようにしたいですね。
サーフィンがうまくなりたいからなんですけど(笑)



↑このページのトップヘ